2015年11月7日

不幸が訪れないように万全の対策を取っておこう

できることなら避けたい風評被害

風評被害により職場を失ったり体調を崩してしまった人はゴマンといます。事実とは違う嘘の情報によって人生が変わってしまうというのもあまりにも不幸だと言えるでしょう。精神的に追いつめられたことによって精神科のカウンセリングを必要とする場合だってあります。精神的に追い込まれてしまえば経済的にも大きな影響が出てきます。誹謗中傷や風評によって苦しんでいる人を助ける職業では精神科の医師や宗教団体、それと風評被害対策の専門業者などがいます。

風評はどのようにして始まる?

いつどこで誰が言ったことがどんな風に広まるのかは誰にも分かりません。紀元前に存在した神の化身イエスキリストや35歳で悟りを開いたというカピラバストゥの王子、ゴーダマブッダをもってしても分からないことはあるでしょう。哲学的に考えてみると人が人である以上、感情を持つ生き物であること自体が風評を生む原因であると言えるのです。妬みや嫉妬、人には悪という部分がどうしてもあります。風評とは人が持つ「こころの闇」と言えるのではないでしょうか。

風評被害の対策は万全に!!

どこの家庭でも犯罪や事故から身を守るために日ごろから戸締りを行ったり、メンテナンスや修理をかけたり物質的な対策は万全かもしれません。幸せになる方法や人生を上手に歩いてゆく考え方など生きてゆくに本当に必要なものはこころの中にあるのかもしれません。目に見えない風評や姿形のない誹謗中傷は足音も立てずに忍び寄ってくるのです。不幸は幸せな時を選び、ある日突然訪れるものであるからこそ、風評被害対策の専門業者などもあらかじめ調べておくことが望ましいでしょう。

誹謗中傷対策とは、インターネットの電子掲示板や普通の掲示板に等に書かれた誹謗中傷的な内容を消去したり、近年から導入された掲示板の機能のNGワードを設定して誹謗中傷となるワードを掲載できないようにします