2015年11月6日

浄水器を選ぶ時の注意点や見ておきたいポイント

最初はどのタイプの浄水器を利用すれば良いか見る

常識は現在は様々なタイプの製品が登場しており、蛇口に取り付けるタイプの簡単なものから、ポット型の据え置きタイプのものなどあります。使っている蛇口のタイプによっては取り付けることが出来なかったりしますので、選ぶときにはまず自宅の蛇口などにそれを取り付ける事が出来るかどうか見て行きましょう。また、どの程度浄水能力がある製品にするのかも大事です。蛇口に取り付ける簡易的なものよりも、据え置き型の本格的な浄水器の方が浄水能力は優れている事が多いからです。

浄水器のお水はフィルターが大きく左右する

そして、選ぶポイントはフィルターも重要です。というのもそのフィルターの性能の良し悪しが、お水の美味しさなどにも関係してくるからです。あまりにもフィルターの性能が低いと、水道水に含まれる不純物を取り除けなくて、飲んだ時に無味無臭ではなく独特の臭いや味がすることもあります。なので、これから利用する浄水器のフィルターの性能も見て行きましょう。フィルターの性能の比較は、JIS試験等をクリアしたもや口コミなどで評判の所などが参考に出来ます。

浄水器のフィルター、カートリッジのコストもポイント

また、浄水器はウォーターサーバーとは違い、数カ月程度に一回ほどフィルターやカートリッジを交換しなければ行けないものがほとんどです。ランニングコストがかかりますので、利用するときにはそのランニングコスト分も加味して選ぶのが大切です。その他利用する会社の製品によっては、取付に手数料や初期費用がかかる所もあります。利用するときは、ランニングコストと初期投資も見て、合計でいくらになるか計算をして比較するのが選ぶコツとなります。

綺麗で美味しい水を家庭で大量に使いたい時には、浄水器があると便利です。もし、家庭に導入したいのならば専門業者に相談してみることをオススメします。